別館喫茶に初潜入☆

 

 

「ここだよ」

お兄様の声に、私・・・風峰葵は目の前の建物を見つめた。

シックなレンガ造りで、目の前のドアは趣があって渋い感じ。

Open、というこれまたシンプルなプレートが揺れている。

ただ、なぜかドアの前にあるメニューは手書きのようで『ランチ始めました♪』

と可愛らしい丸文字で書かれている。

だけど違和感があるわけじゃなく、自然にこの店にとけこんでいる。

今日、私はお兄様が常連だという喫茶店に、連れてきてもらっていた。

「行くぞ、葵」

「あ、待ってよ・・・」

カランカラ〜ン♪

軽やかな来客ベルの音。いかにも、この喫茶店に似合っている。

「いらっしゃ〜い」

店の中には、カウンターとテーブル席がいくつか。

その、奥のカウンターの中から背の高い男性が声をかけてくれた。

・・・なんか、すごいドレッドヘア・・・。

「あれ?今日は、ともちさんなの?マスターは?」

「マスターは本職が、忙しいらしいよ・・・」

お兄様は慣れた様子でカウンターに腰掛けると、私を振り返った。

「葵?何してるんだよ、こっち来いよ」

「うん!」

近寄ろうとする私を、ともちさんが不思議そうな顔で見る。

それから、こそっとお兄様に顔を寄せて・・・。

「・・・元ちゃん・・・まずいにょ・・・。いくら今日はえ〜みちゃんが休みだからと

いって、別の彼女連れてくるなんて・・・」

「かっ・・・か、彼女なんかじゃないですって!」

と、言いながらお兄様は隣りに座った私の頭を、ぐりぐりとなでる。

「こいつは、俺の妹!ほら、葵、あいさつ!」

「あ、はい。あの、風峰葵です・・・どうぞ、よろしくです」

ともちさんは、私の苗字がお兄様と違うことに気づいたのか、少しだけ目を

見開いて・・・そして、ニッコリと笑った。

「ここの支配人で、ともちです。よろしくにゃ、葵ちゃん♪」


ダージリンのアイスティー。浮かんだ氷が、カランと揺れた。

マスターがいないからね、と苦笑しながら出してくれたともちさんだけど、

とても美味しくって満足、満足♪

「そっか〜・・・女友達を、作りにね・・・」

「はい」

「ここは、みんないい子が集まるから心配ないよ」

お兄様は、アイスコーヒーを飲みながらお気楽な様子で言う。

と、そのとき。

「そうですよ・・・中でも、特に彼女はいい子で・・・」

「うわあ!・・・いつの間に来たの?華院さん」

カインさん、と呼ばれたその人はつかつかとやって来ると、カウンターの

1番端っこに腰掛けた。

「ふ・・・俺は、神出鬼没ですから・・・」

・・・面白い人だなあ。お兄様とは、お知り合いの様子。

紹介してもらい、あいさつを交わす。

「これはこれは・・・どうぞ、よろしくお願いいたします」

「こちらこそ、よろしくです〜♪・・・ところで・・・その、彼女って?」

私の質問に、カインさんはすいっとそっぽを向く。

むむむ・・・赤いぞ???

「あなたのハニーは、今日はお休みだそうですね・・・」

いきなりお兄様に、そんなことを言い出すカインさん。

・・・うーむ。何か、ごまかしてるな・・・?

「そうらしいね〜。ところで、華院さん売約済みなんだって?」

「は、は、はあ?ななな・・・何を・・・」

明らかに動揺する、カインさん。・・・意地悪だなあ、お兄様も。

とりあえず、この場はそ知らぬ振りして様子をうかがうこととする。

「いやあ〜誰の、話かな〜」

「だから、それは、だな・・・」

強引な追求に、もう少しで落ちそうな様子に見えたその時・・・。

カランカラ〜ン♪

「こんにちは〜v」

明るくて、可愛らしい声。

振り返ると、高校の制服を来た小柄な女の子が立っていた。

声で受けた印象の通り、くるっとした瞳をしたチャーミングな子。

「優希さんこんにちは」

カインさんが、心なしか弾んだ声であいさつする。

ちぇっ、上手く質問から逃げられたから喜んでるな??

後で再度、つっこんでみようっと・・・。

「ああ、優希さんか。こんにちは」

「いらっしゃい、優希ちゃん♪」

お兄様も、ともちさんも。可愛くて仕方がない、と言う表情で彼女を見る。

それも納得。だって、本当に可愛い子だもの。

じっと見つめていた私に気づき・・・彼女は、ニコッと笑ってくれた。

「こんにちはv初めまして、水神優希です」

「あ、こちらこそ初めまして。風峰葵です」

お兄様が、また私の頭にポンと手を置く。

「俺の妹なんだ。仲良くしてやってくれよな、優希ちゃん」

「そうなの〜?わあ、よろしく〜♪」

優希ちゃんは嬉しそうに笑って、私の横に来てくれた。

そして、色んな話をする。

女の子の友達が欲しいと言う私に、優希ちゃんは「私が第1号だね!」と

茶目っ気たっぷりに宣言してくれた。

あっという間に意気投合して盛り上がる私達を、お兄様たちは微笑ましい景色だと

言わんばかりの表情で眺めていた。



やがて、優希ちゃんは「もう帰るね?」と、残念そうに言った。

「あ、優希さん送りますよ!」

カインさんが、慌てたように立ち上がる。・・・あれ?

「そう・・・?ありがと、カインさんv」

優希ちゃんは、まるで花のようにその笑顔をほころばせる。

その可愛い顔に、吸い込まれるような表情で見とれているカインさん。

「葵ちゃん、またね?」

「あ、うん。またね、優希ちゃん!」

連れ立って出て行く2人。それを見送ってから、私はお兄様に聞いてみた。

「ねえ、お兄様。ひょっとして、カインさんって優希ちゃんのこと・・・」

「何、お前・・・今頃気づいたのか?鈍いなあ」

お兄様は、呆れたように苦笑する。

カウンターの向こうで、ともちさんも笑っている。・・・公然の秘密ってわけ

ね・・・。

それにしても、お兄様の鋭さには時々感心する。

人の心の動きに対して、機敏に反応する事が多い。優しい人なのだ。

「だって、私お兄様みたいに鋭くないもん!」

「い〜や、お前が鈍いの!」

「・・・兄妹仲がいいにゃ、2人は・・・」

苦笑するともちさん。

居心地がいいこの場所で、私はとても幸せだった。

 

END

 


 

購買別館の喫茶室に、初めて行った時の話。

ともちさんやカインさんや、優希ちゃんが迎えてくれたこと。

それは全部、本当の話。

っていうか、この会話はほとんどそのまんまだったような気がする(笑)

やがて、居座るようになる大切な場所になります。

 

 

SS・TOP

【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース