ひびきの IN 「大阪梅田・オレンジを囲む会」オフレポ

 

 

2.カラオケ編

 

時亜の「みかんのうた」から大カラオケ大会が始まる。

続いて、にゃんまげっちの「和歌山Love Song」。

・・・色もん続くし・・・(爆)

私にとっては、ほとんど初対面のメンバーの中、カラオケは進む。

カスケードと電気グルーヴをメインに、歌い踊りまくるにゃんまげっち。

似過ぎで気色いと巷で評判?らしい「コングラッチェ」は、マジで上手すぎてちょっと感動(笑)

個人的には、「愛の言霊」に聞きほれてしまいましたが(^^)

同じく歌ったり踊ったりと、忙しかったのが時亜。彼の歌うhideも上手い〜♪

男らしい声の持ち主で、歌のイメージにぴったりなのだ。

歌のスピードを最速にして、それでも歌いこなすんだからたいしたものである。

『関西の高音部担当』らしい、ゲストハンターさん。

「愛のうた」で、社会人の面々をブルーに陥れる・・・。サラリーマンには、辛い歌だわ(爆)

全く知らないらしい歌も、適当にリズムを取りつつ歌ってしまう才能がある様子。

リズム感がいいんだなあ、と感心することしきり。

「今日はみんな、お前の為に集まったんやから、はよ歌え!」と言われてたのは・・・

もちろん、今日の主役のゆっくん(笑)

あんまりうまくないねん、って言ってたけど、「天体観測」は良かったよ〜?

イメージ的には、優しい歌の似合う人。声も優しいしね。

一緒にカラオケ行くのは、2回目の阪さん。

カラオケのレパートリーは意外に広く、そして意外に大人しい。

っていうか、周りが賑やか過ぎ。うるさすぎ(笑)

そんな大騒ぎの中、ぐっすり?眠っていたのは、なおちょん。ある意味、すごい・・・。

もちろん歌うと声がよく通るので、「島歌」は雰囲気がめっちゃよかったv

なおちょんの彼女さんは、ブルーハーツがお好きな様子。

でも、最後の方で歌ってくれた「Days」には、全員が聞き入っていた。

だってね〜なんか、気持ちがめっちゃこもってて、よかったんやもん〜。

この2人のラブラブぶりは羨ましくなるほどで、真正面に座っていた私と時亜は

「なんかさ・・・」「うん・・・寂しくなるよな・・・」とやさぐれ気味(爆)

さて、遅れて登場したのは、みあさん。この方も、私にとっては初対面。

優しくて、おっとりした感じの印象を受けた。

でも、歌うのは「ミニハムずの愛の唄」だったり(笑) わっかんない人だ〜(笑)

さて、ひびのオフだけあって、「勇気の神様」や「向日葵」なんかも歌う人が出てくる。

・・・って、最初に「Seven Rainbow」歌ったのは私だけどさ(苦笑)

「二人の時」をゲストさんと一緒に歌った時は、

あの頃のときめき〜♪のところで、ちゃんと全員がと〜き〜め〜き〜♪とバックコーラス。

何が面白いって、ほぼ全員が歌ってるのが面白いの何のって(爆)

いや〜ひびオフだな〜って改めて実感したりしてね(笑)

さて、およそ5時間に及ぶカラオケも、ようやく終了です。

 

3.焼肉編へ

【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース